自社・競合サイト徹底分析
Analize Thoroughly

ホームページを製作し、
公開するということ。

ホームページを公開するということは、あなたの情報を世界中に知らしめると同時に、あなたを同業他社との比較の場に晒すということでもあります。

ユーザーはGoogleなどの検索エンジンからキーワードを入力して検索したり、SNSや広告を経由してあなたのホームページに訪問し、あなたの情報が他社よりもメリットがあるなと感じればお問い合わせや購入などの行動に移し、逆に他社と比較して他社の方が魅力的だと感じればそちらの方に移動してしまいます。

ですので他社よりもより良いものを提示したり、あなただけにしか提供できない、他社に真似できないものを提示しなければ、ユーザーはすぐに移動します。それはリアルな世界でもネットの世界でも同じことです。

ユーザーはシビア

ほかに少しでも良いサービスや興味のあるコンテンツがあれば、あなたがいかに一生懸命に想いを込めてホームページを作ったとしても、さっさとユーザーはそっちの方に流れてしまい、あなたの目的は全く達成されないままになってしまいます。

あなたの想いはユーザーにとっては関係ないことなのです。それではせっかくのホームページが意味をなしていません。

あなたのホームページが
よりユーザーに響くものにするために
私たちができること

What We Can Do
ユーザーが求めるコンテンツ・トピックの洗い出し

あなたに関連する複数のキーワード上位表示サイトからユーザーが求めているコンテンツやその傾向を洗い出します。それらとあなたの事業内容と照らし合わせることで、強く推すべきところや、あるいは足りない部分などが見えてきます。

すでにサイトをお持ちの方には、今公開しているサイトのコンテンツがきちんとユーザーのニーズに応えているかを確認し、今後のサイトの方向性を修正するための基礎になります。

私たちはこれらを明確に、数字をあげて皆様にご提案いたします。

What We Can Do
サイト構造の最適化に向けた分析

ホームページに必要なのはユーザーファーストの考え方。

せっかくのコンテンツもユーザーにわかりにくい場所にあったりすると意味がありません。そのため、ユーザーがよりスムーズにホームページの情報を得るためにサイト全体の構造・導線を最適化する必要があります。

また、ページ内部の文書構造がいい加減だと、検索エンジンであるGoogleがそのページを正しく評価しない場合もあります。

私たちはユーザーがあなたの情報を十分にユーザーに伝わっているか、サイトマップなどの全体的な構造から各詳細ページのコンテンツの内容や構成、構造まで細部にわたって分析を行います。

What We Can Do
現状を踏まえた目標設定

ホームページで成果を出すためには戦略が必要です。これはホームページだけではなく、実際のお仕事でも同じこと。

また、成果というものをよりはっきりさせるために目標値(数字)を決め、達成・未達成を明確にするようにします。なぜなら数字を意識しないで施策を立てても、主観(希望的観測)に頼ってしまうためです。

私たちは数字をあなたと共有し、同じゴールに向かって進みます。