【保存版】無料で使えるLINE@の始め方と運用の仕方:その1

SNS

LINEは2015年2月に個人向けLINE@(ラインアット)のリリースを行いました。この個人向けLINE@、個人向けと銘打ってはいますが、企業や店舗などにも適した機能となっており、手軽に使えることから、これから先の集客ツールとして期待が高まっています。ここではLINE@のできること、始め方、運用の仕方をご紹介します。

非常に長くなりそうなので複数回に分けてお伝えしたいと思います。まずはじめに、LINEとLINE@の違いと機能のご紹介から行います。

こちらの記事は企業・店舗の経営者様方にとって非常に有益な、集客に役立つ情報だと思いますので、ぜひFacebookで「シェア」をお願いいたします。「いいね」じゃなくて。

 

LINEとLINE@の違い

 

一番の特徴は、LINEが個人間のコミュニケーションツールであるのに対し、LINE@は一人と複数間のコミュニケーションツールで、発信者が一度に複数人に対してメッセージを一度に送信することが可能です。ですので、例えば飲食店を運営されている方が、お客さん100人に対し、「今日の日替わりメニュー」を一括で発信したり、ということができるわけです。

 

lineandlineat

LINE@でできること

 

LINE@でできることは下記の7点です。いずれも新規客とリピート客獲得に役立つ機能です。

  1. 友だち全員に一括メッセージ送信
  2. 友だちと1対1のトーク
  3. 自動応答メッセージを設定できる
  4. リサーチ機能でマーケティング調査が可能
  5. ホーム投稿ができる
  6. 友だち数・ホーム投稿・PV数などのインサイトを確認できる
  7. クーポンなどの配信ができる

 

1.友だち全員に一括メッセージ送信

前述の通り、友だち全員にメッセージを一度で送る機能です。イベントなどの告知に使えます。無料で1,000件/月送信することができます。月額5,400円の有料プランに入ると50,000件/月まで送信することが可能です。

ここでご注意いただきたいのは、メッセージの件数は送信した友達の数ということです。ひとつのメッセージを100人に送ったとすると、そのメッセージの数は1ではなく100となるということです。1,000人にひとつのメッセージを送った場合、その時点で無料プランの送信数上限に達したということになりますのでご注意ください。

2.友だちと1対1のトーク

もちろんLINEとしての機能、1対1のトークもできます。来てくれたお客さん一人一人に違ったメッセージを送ったりと、細やかなコミュニケーションを取りたい場合に使えます。

 

3.自動応答メッセージを設定できる

 

auto-response

自動応答メッセージ

自動応答メッセージとは、配信者がいちいち応答しなくても、ある条件下で自動メッセージを相手に返してくれる機能のことです。1対1のトークをしない場合はこちらをONにしておくと便利です。

自動応答メッセージとは友達からメッセージをもらった時に自動で返信する機能です。複数のメッセージをランダムで送信したり、期間や時間を絞って送信することも可能です。

キーワード応答メッセージ

キーワード応答メッセージとは、あるキーワードのメッセージに対して返信する機能のことです。例えば「こんにちは」とメッセージが来た場合、「こんにちは。今日も寒いですね」と返信する、などの設定をすることができます。

ただし、向こうから来るメッセージが「こんにちは。ありがとうございます。」と、いうような部分一致の場合には対応していないようです。完全一致のメッセージ限定のようですので使い勝手は微妙かもしれません。

友だち追加時あいさつ

友だち追加してくれた方に向けて最初に配信するサンクスメッセージです。あらかじめ設定してありますが、任意の文章に編集することも可能です。

4.リサーチ機能でマーケティング調査が可能

リサーチ機能とはLINE上でアンケートをとったり、人気投票を行うなどのユーザー参加型のコンテンツを配信することができる機能です。性別や年齢など、友達の属性を調べて商品づくりなどのマーケティングに役立ちます。また、参加してくれた人限定のクーポンも発行できますのでユーザーの参加を促すこともできます。

5.ホーム投稿ができる

これは普通のLINEにもある、ホーム画面に投稿できる機能です。

6.友だち数・ホーム投稿・PV数などのインサイトを確認できる

insight

インサイトでは以下のことを確認できます。

アカウント
  • 友だち登録してくれている数・有効友だち数を確認できる
  • 友だち数の推移を今日・昨日・先週・先月・カスタムで知ることができる
  • カスタムでは期間を指定できる
  • ブロック及び友だち解除数を知ることができる
ホーム
  • PV(ページビュー)数を知ることができる
  • UU(ユニークユーザー)数を知ることができる
  • 投稿数を知ることができる
  • いいね数を知ることができる
  • コメント数を知ることができる
  • 共有数を知ることができる

7.クーポンなどの配信ができる

linat-coupon

これが一番知りたい部分ではないでしょうか?LINE@では簡単にクーポンを発行することができ、新規・リピート客獲得に繋げられます。

クーポンには期間を限定したり、1回限りしか使えないor何度でも使えるの選択ができたり、友だち全員or抽選で送るなどの選択ができます。抽選の場合、抽選確率や枚数などの設定も可能です。クーポン配信は即時に行われますので、ゲリラセールなどの突然に行われる企画とかを行うことで、お客様に刺激を与えることができます。

push-soushin

 

FacebookやTwitterとの大きな違い

 

こちらのLINE@、他のSNSとの大きな違いはプッシュ送信機能にあります。プッシュ送信機能とは、アプリから更新の通知が左の画像のように送られてくる機能のことで、他のSNSの弱点である、タイムラインに埋もれてしまい情報が伝わらないという部分を解消しています。これにより、友だち(お客様)はあなたの連絡を見落とすことなくチェックすることが可能になります。

 

ざっとこのように違いと機能についてご説明させていただきました。次回の「その2」ではいよいよLINE@の実装に入っていきたいと思います。

 

 

 

よければここをポチッとやっちゃってください!