佐賀でホームページ制作やスマホアプリ制作、
SEO対策ならアルラボにお任せください

スマホでも見れる360度画像をやってみた話

VRがアツい

VR(Virtual Reality- 仮想現実)がいろいろと話題になっています。

 

VRとは、人間の感覚器官に働きかけ、現実ではないが実質的に現実のように感じられる環境を人工的に作り出す技術の総称。 身体に装着する機器や、コンピュータにより合成した映像・音響などの効果により、3次元空間内に利用者の身体を投影し、空間への没入感(immersion)を生じさせるhttp://e-words.jp/w/VR.html より

 

今年はプレイステーションのVRも発売されるということで、これまで以上に注目されるんじゃないかなと思っています。

スマホでもVRを体感することができますね。

 

ただし、PCでもスマホでも、VRをちゃんと体感しようと思ったらVRゴーグルが必要だったりします。そんなゴーグルをみんなが持っているわけないですし、手軽にそういった体感をユーザーにもたらしたい場合、Thetaなどで360度動画を撮ってYouTubeなどで再生させるのが一番簡単ではあります。

 

しかしYouTubeの360度動画は、PCで閲覧する際にブラウザに制限があるほか、スマホではYouTubeアプリから再生しなければなりません。もしどこかの企業などがユーザーに360度動画を見せたいとしても、ユーザーがアプリをダウンロードしている保証はありませんし、わざわざアプリをインストールしてもらうのはなかなか大変です。

 

Javascriptで360度パノラマ画像を表示させる

 

先ほども出てきましたThetaで撮影した画像はこんな感じです。

house_pano

 

そのまま掲載するとよくわかんないですね。

これをJavascriptなどでいい感じにやると、PCでもスマホでも360度で表示させることができます。

しかも指で操作ができます。

デモはこちらからご覧いただけます。

 

demo

 

これをARなどでサクッと再生させれば、不動産やハウスメーカーさんの商品紹介などに役立つかもですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

代表取締役画像

直塚一仁

株式会社アルラボ 代表取締役
FPS(First Person Shooting)ゲームで最近勝てなくなり、加齢を感じている。

記事を参考にしていただくのはありがたいですが、その結果において弊社は責任を負いかねますのであらかじめご了承ください。また、記事の内容や設定方法などのお問い合わせはご遠慮ください。

TOP

TOP