Ideaideal

Web Design + Development + Consulting

ご挨拶と考え方

Ideaideal(イデアイデル)のウェブサイトに訪問いただき、まことにありがとうございます。
このページをご覧になられているということは、ウェブサイトを作りたい・改善したいなどとお考えだと思います。
このページではIdeaidealの基本的な考え方についてご紹介しています。

ホームページはあるだけでは意味がありません

ホームページを持たれている事業者さんはたくさんいらっしゃいます。総務省?かどこか忘れましたが、その統計によると7割ほどの事業者さんが自社のホームページ(ウェブサイト)を持たれていらっしゃいます。もはや持っていること、公開していることが当たり前の時代です。

しかしせっかく公開しているホームページですが、
ちゃんとお仕事の役に立っているかというとどうでしょう?

公開しているだけ、何も更新していないホームページではありませんか?

ホームページを公開すればそれでOKとお考えですか?

ホームページを作って公開すれば、お客様があなたのことをよく知って、新規の注文や問い合わせが来て売り上げが上がるなんてことは絶対にありません

作ることには何の意味もない

ホームページ制作会社で、いわゆる「作る」ことで収益を上げる会社はたくさんあります。そして、クライアントに制作を依頼してもらいたいから、あれやこれやと「作る気にさせる」ための施策を考えます。

私はそこにベネフィットを感じません。

実際、高いお金を出してホームページを制作・公開したのに、全然売り上げが上がらなくて「ホームページなんか何の意味もない・商売の役に立たない」という考えに至る人をたくさん見てまいりました。

それは、作って公開することしか考えていないからです。

リアルで考える

リアルで考えてみてください。

もし、「何かのお店を開けばその商品は必ず売れる」とかいう経営者はいますか?いませんよね。

逆に、「店なんて開いても商品は売れるはずがない」という経営者はいませか?これもいませんよね。

現実世界でお店を開くとなれば、売れる商品・売れる場所・売るための接客・お店のレイアウト・・・いろいろと考えますよね。そして、売上が思ったように上がらない場合はいろんな試行錯誤をされると思います。

ホームページも同じことです。

売るためにどういうふうなページレイアウトを考え、ターゲットを考え、アクセス数をより増やすために何をすればいいかなどなどを常に検証し、改善をくりかえさなければ絶対に成功は望めません。これを、リアルではわかっているのにホームページなどのWebサービスになると途端に見失う経営者さんは非常に多いです。

ですからホームページを「作る」ことには何も意味がないのです。

綺麗な会社案内だけ営業で持っていって新規取引先が増えますか?ってことです。

「売れる」ホームページは作れる

世の中には、ホームページでたくさんの集客をし、売り上げに結びつけていらっしゃる人がたくさんいらっしゃいます。

「売れる」ホームページは作れるのです。そのために必要なことは「顧客目線」、つまりマーケティングです。リアルでもネットでも同じことです。

ユーザーのことをとことん考え、ユーザーが必要とすることを提供し、そして改善を繰り返していく。このことを確実に行えば、必ず成果に結びつきます。

Ideaidealは「クライアントがホームページなどのWebサービスを活用して成功してもらいたい」と思って設立しました。

そのために作って「育て」、集客の「道具」として活かせるよう、最大限のお手伝いをさせていただきます。どうぞお気軽にご相談ください。

最後に、このサイトでは、WebマーケティングやSEO対策など、皆様がホームページを活用していただくための情報なども随時更新しています。ご活用いただければ幸いです。

 

平成28年1月

Ideaideal代表 直塚 一仁